<< 4/24追記【コラボ侍】浮沈
六月回想 >>
いくつかの後悔
2015-06-07 23:58:24  | コメント(5)

実家に帰省したところ
折々世話している黒松が親の手で無残な姿に変わっておりました……。

日頃庭木には手を出さない人でしたが、みどり摘みであんなに酷い事になるとは、一寸想定外でした。
長い目で正さねばと、この草木の成長期に意気消沈気味です。

i154990

ただ、庭で養っている紫陽花は恙なく、健やかでした。
本当に慰めになる好い花です。ずっと大切にしていきます。

drawing  

過ぎた春の草草。上に同じく荒れた実家の庭で、点々と描きました。
踏み荒らしたその上に陣取りましたので、思い返すだけでドクダミの香が……。
あの根深さは恐怖ですが、スギナの線の美しさに気が付きましたね。

Veronica arvensis


結局清書したのはたったひともと、タチイヌノフグリのみ。
効率の悪さ故に、これしきで要数時間。

此方は仲人(?)ハチさんのイラストに感化されまして。一応既出の修正版を。

修正版
度々ですが、勢いとは恐ろしいもので。見てくださった方にはもれなく意外に思われたことでしょう。
私も同様に思いますから、然もありなん、と。
れ以上コメントするのは差し控えますね。

―――

さて赤面ものはさらっと流し。
続いて、描かないものに手を出す意欲が出てきたところで習作。

少女


一体何風と言ったら正しいのでしょうか。洋風、現代風?迷子の少女です。
つい髪をふわーっとさせてしまいました。あらゆる面が不明なままです……。

―――

みてみんではこの手の絵をあまり見ませんので、投稿後の場違い感 甚だしかった以下。
全く恐怖もの、ではないのですが。

囚


主題は『白蛇伝』、少し前に読んだのを薄ぼんやりと思い出し、
蛇の精の白娘子(白夫人)と、彼女に好かれてしまった不遇の青年、許宣を描いてみました。
清らかな恋愛ものとしての印象が薄かったので始めから艶っぽくするつもりではありました。
 
しかし、通常と異なった描きはじめにした所、最終的に怪奇風味になり、あれっといった感じで。
白娘子と小青で明るくまとめれば良かったと後々気が付きました。

古びた幻想譚、個人的に好んでおります。『白蛇伝』はファムファタル登場の異類婚譚ですね。
何も言わずにいて主題の分かった方、果たしていらっしゃったか、否か。

さて、次こそは名残雪を空に飛ばす所存です。



▼ 甲姫 様

はじめまして、甲姫様。品と申します。
コメントを残してくださって、真にありがとうございます。

このみてみんでまさかの『白蛇伝』です。
お好きな方がいらっしゃるとは意外や意外、思わぬ事態でした。

実際に視聴するまでには至らないのですが、
何やら巷では美化されているらしいという事、私もそれとなく聞き及んではおりました。

しかし私の思い出せる、白娘子はやはり悪女。
許宣は逃げようとして逃げ切れず、という男性なので、
上のような非一般的な風景と成ってしまいました。

気の向くままの創作でしたので、解り辛いのは承知の上。
ご覧頂けただけでも、私幸甚でした。
甲姫様は珍しくも蛇がお好きでいらっしゃるのですね。

では、我が意を得たりの心強い御一言、
改めましてありがとうございました。
次回作は、また何処かでさらりとご覧くださいますと私も嬉しく思います。

―――

▼ おうち 穂里 様

いらっしゃいませ。おうち様。
私も客引きが上手くなってきたと(それは誤解)

恐れながらおうちさんをご案内できること、常々作り冥加に尽きると思っております。
御光臨歓迎です。コメントありがとうございます。

紫陽花、我が愛。松は疾く元の姿に戻ってよと、まさに念じている最中です。
一体どんな風に鋏が滑れば―‐(以下略)の姿です。
そんな自虐的な遊びは不要だというのに、予期せぬぱっつんリスタートなのでした(さめざめ)

スケッチは取り敢えず目についたものを。
終日 からりと青天井だったのですが、毎度拭えぬ結露感、何故でしょう。

ええ、私も今頃照れたりなど。
お恥ずかしながら、御役全うする力も無いのに、つい手を出してしまいました。
ナニゴトモケイケン、ナニゴトモケイケンと唱えるのをどうぞお許しください。

最後の怪。発想の源は『白蛇伝』でした。
御推察のように高尚なものではなく、寧ろ邪(よこしま)な絵で、大変な御目汚しを失礼致しました。

おうちさんは正邪どちらのお話を御存じだったのでしょう。
『太平広記』私も是非図書館で探して参りますね。そういう調べもの、とってもわくわく致します。

心の洗濯ができるような、綺麗どころの絵の方がきっと需要があったのでした。鈍い自分、非常に残念でしたね。
―とはいえ、おうちさんの御冗談については、毎回殆ど本気と受け取っておりますので←
また後々再挑戦出来れば幸いです。

おうちさんにおかれましては、師弟対戦の図、最後まで楽しく筆が運びますよう、陰ながらお祈り致しております^^
一撃即決、お弟子さんに武運あれかし。
投稿者:  [ 2015-06-09 20:57:59 ]


こんばんは。
毎度毎度お邪魔しに来てすみません。
だって、ついついホイホイされてしまうのです。

紫陽花、この季節ならではの美ですよね。
我が庭でも今が盛りと慎ましやかに咲いています。
そして黒松は、早く往時の姿?に戻ると良いですね。 しかしいったい、どんな姿にされたのか、(不謹慎ながら)興味をひかれてしまいました;

毎回書いている気がしますが、品さんの書かれるイラストを拝見すると、心が潤います。 モイスチャー……といった印象でしょうか。 小さな植物たち、可愛いです。

そして、月白様と此糸様のイラストには、あらやだ照れちゃう~、と思いながら、がっつり見させて頂きました!!
アダルト成分もたまには必要ですよね、うん。

そして、最後のイラスト。
なんと、白蛇伝でしたかー!!
すみません、なんか宗教的な(啓示的な)イラストと思っていました。 あらやだ、勘違い。
私は、遥か昔に太平広記(だったかどうかアヤシイですが……)で斜め読みしたのと、京劇の印象しか持っていないのであまり詳細な所はわからないのですが、そうか、こういうイメージなんですね、あの話。 今度ちゃんと読んでみよう。
このイラストも妖しげな魅力で目を惹きつけますが、いつの日にか、白素貞と小青で明るくまとめたイラストも見てみたいと言ったら怒られそうですが、控えめに希望を述べてみます←
なんて冗談ですが、次なる新作も楽しみに致しております!
投稿者:おうち 穂里  [ 2015-06-09 01:59:21 ]


コメント失礼いたします。

白蛇伝! 

好き話なので、このイラストには引きこまれるものを感じました。映画やドラマだと解釈によっては「永遠の愛」に美化したノリだったりしますが、こういう怪奇な感じもいいですね。と言っても、多分画像だけ見たら主題はわからなかったと思います…。

次回作にもこっそり期待しております。
投稿者:甲姫  [ 2015-06-09 00:34:08 ]


▼ 藤藤 キハチ 様

こんばんは^^
いいえ、私本当にハチさんがいらっしゃったら、と思っておりました。
記事中にお名前を出してしまい、御迷惑ではなかったでしょうか?
お越し頂き、とても嬉しいです。いらっしゃいませ。

そうなのです。花担当(親)が、庭木いじりをしては駄目なのでした。
元々そこまで美しくもないのですが、現状が現状、珍しく言い募った程でした。
だって、アレは果樹ではないのだから下手(以下略

紫陽花、心の慰めです。なんて美しい。
ココまで胸がときめく植物は他に知りません。

庭の植物は、鉢植えを除き、殆どが放置状態ですから、まるきり野生の観察でした。
自らも根を下ろすほどの集中が必要でしょうか。
私もうまく捉えられないので、学生以来の屋外学習に挑戦してみましたよ。

件の一枚ですね。
はい、大したものもご用意できずに、お粗末様でした……(尻すぼみ)

ハチさんが一つ描いて下さらなかったら、きっと私は一生描かなかったはずですね、口印。
さらっとご覧いただけたのなら、幸いです。
実はハチさんの糸さん呼びがとても気に入っていました←

いいえ、ハチさんの絵は情熱的と表現するのが一等正しいかと。
捕物帳の相愛図など、私の中で密かに目標とさせて頂いているのです。
掌の温かさが伝わってくるような素敵な画だと常々感じております。

世界は未だ広し。方向音痴は直ぐに迷うので、一歩先も爪先で探り探り進みます。
よしっと言われると、どきっとして前に倒れてしまいそうです。
叶いますのなら、今後とも宜しくご指導のほどを。

やはり大衆的では有りませんでした;
そして常日頃と手を違えてみましたら、輪を掛けて怪しい風の絵になってしまいましたね。
説話文学は優しいお話ばかりではないので、覚悟無く読むと痛手を負うかもしれません。
勿論要注意です。

少年少女にも安心してお届けできる絵となるよう、以後手を動かす際にはしっかりと気持ちの切り替えを図りますね←
(このままの路線だと危なっかしくて見てられなくなること請け合いですから)

お待ちくださるハチさんの御前には、
次回出来る限り穏やかで爽やかなもの、取り揃えて並べたいものです^^
投稿者:  [ 2015-06-08 22:15:26 ]


呼ばれた気がしてやって参りました(*´∇`)ノ
←呼んでない

おお黒松よ…orz
なんと残念なことよ…orz
慣れない人が慣れないことをするとあんなそんな結果になってしまうことも
……ありますかね;
紫陽花しっとり綺麗ですね^^
品さんというとご実家のお庭にもたくさん植物たちがある偏見です(笑)

草草、事典に載っているかのような繊細さ。
私はどうも飽きっぽくて、細々したものを描くのが苦手で;
スケッチも…何だか全く別物になっていたりして…(゜-゜)
根気が欲しいところですね;

勢いの一品。
いや、なんというか、まさか私がきっかけで描いてくださると思わなかったので。
嬉しいです御馳走様です。
私が描くとやけに肉肉しくなるので、このさらっとしたチャイチャイを見習いたいです。

迷子の少女は品さんにとっては新規開拓でしょうか。
確かに今までにない装いですが、またこれもよし!
白蛇伝はわからなかったです、物を知らないので(笑)
幻想譚な不可解風味が無意識にイラストに出たのでしょうか(笑)
昔モンスターとか神々とかにハマっていて、読み漁った中にも異類婚があった気がします。
ほのぼのだと安心して読めるのですが;

品さんの創作、楽しみにしております^^
投稿者:藤藤キハチ  [ 2015-06-08 18:51:43 ]