<< 今夏、労多くして
御祝と御礼とめあて
2016-01-15 02:19:49  | コメント(5)

遅まきながら、
あけましておめでとうございます。


昨年中は皆さまの御親切のお蔭で心温かく暮らすことが出来ました。
真にありがとうございました。本年も相変わらず、のんびりとお付き合いください。



小雀

―――――――――――――――

随分前の事になりますが、去る秋には長らくお世話になっている【コラボ侍】の本編
早村友裕様著 『賽ノ地青嵐抄―賽ノ地編―』が製本、発売されるということで
何だかんだと御祝い用のイラストを描かせて頂いておりました。


i170833

i172509

ご報告とてつもなく遅くなりましたが!
青くん
でこぱちくん
どうしても二人を描くのだと意気込んで描き上げたものが上の二枚です。
早村さん猫乃さんの御目の端に、ほんの少しでも掛かっていたのであれば私は幸せです。

皆さんのブログやツイッタ―などでも時折目にしていた御本は、

i177480

此方ですね。

私も確と入手させて頂いておりました^^

御二方の誠意、熱意にはまこと感動するよりほかないのです……。
早村さん猫乃さん、皆さんが積み重ねた時間の重みが、じんと掌から伝わって参りました。
日頃より何かとお世話頂き、楽しませて頂き、真に嬉しくありがたく思い続けております。
奇跡的に生まれたこの一冊、必ず大切に、大切に守って参りますね。


――――――――――――――――



と、まだお話は終わりではありませんよ。
私の元に届いた購入特典も勿論ご紹介させて頂きます。ご覧ください。


i177487

スタジオCATBELLさんからの郵便に恐ろしく動揺したのがまるで昨日の事の様に思い出されます。
猫乃さんの発想の豊かさ、そして、点描の妙です。
優しい筆致で「怪しい組み合わせ」との御言葉が書き添えてありましたが、
確かに私も反論出来かねる義姉義弟セットでした(苦笑

【コラボ侍】関連で私が初めて絡みに伺ったのが烏之介様のところで、
以来描き過ぎではという程に描いておりましたから……。
猫乃さんの御配慮何だかお恥ずかしく、ありがとうございました。

つきましては僭越ながらご期待の(?)幸之介君を描かせて頂きましたので、
猫乃さんにはこちらも合わせてご笑納くださいますと光栄です。
素敵な御品物に嬉しいお手紙、改めまして真にありがとうございました。

i177500


――――――――――――――――



さて、では最後に。

先回、お題を頂戴に参りますと宣言していた件で、
実は既にT様、O様とのお話の中からとコレと思うものを無断で掻き攫って来ておりますことを
さらりとご報告させて頂きます。

これらのものはまだ胸に抱えているばかりで、ほんの少しの手出しも致しておりませんが
本年中、地道に描き進めてゆく心算ですので、何卒御安心下されたく(?)お知らせ申し上げます。



【私信】
義、血、ときて、私は瞠目せずにはいられませんでした。
どんな御言葉を頂いたときよりもひと際深い致命傷を負ったと思います。
嫌いだなんてまさか、好きです。とても好きです。




恒例の長文となってしまって申し訳ありません。


▼ スタジオ CAT BELL 猫乃鈴様

コメントくださったらなと、間違いなく期待しておりました。
猫乃さん、いらっしゃいませ。お越しくださってとっても嬉しいです。

御挨拶と御礼大変遅くなってしまい、
真に真に申し訳ありませんでした。
御二人の愛情こもった一冊、確かに頂戴致しておりました。

そうでしたか、
早村さんとyuuさんとお話くださったのですね……、
なんだか随分既視感のある状況ですが(赤面)
多分私の気のせいでしょう。
でこぱちくんも青くんも骨身を削って描いたつもりですので。
少しでも皆さんのお心に興を添えられたようであれば、
私もこの世間に生きた甲斐があったというものです。
楽しくお過ごしになられたようで何よりと思います^^

巻末も余さず拝見しております。壮観でしたね。
これだけの方が集まって成った御本なのだと感慨深く、
奇跡これそのものという感じで胸が一杯でした。
こちらこそ随分長い間
心を温め、意欲を養って頂いてきているのです。
真に偏に何倍にも感謝致しております。

特典が届いた際には驚きのあまり「猫乃さん!」と
郵便受け前でつい口走ってしまいました私です。
ビーズ細工まで難なくこなす猫乃さんに脳内会議一同驚愕致しました。

母上、過不足なく再現されていますが、数段上に可愛らしく感じます……。
誰かに描いて頂く、作って頂くということの嬉しさ、
みてみんに、コラボ侍に関わって初めて味わったものです。
猫乃さんには時間や距離をものともせず、
勿体無い御手間をくださって本当にありがとうございました。

そして、猫乃さんに水を向けられて、それきりにする自分では一切ないつもりです。
幸か不幸か、お返しはぎりぎりの年齢となってしまいましたが、
御海容真に恐れ入ります。
烏之介様の少年期をねつ造してしまったこと、大変失礼致しましたが、
かえって楽しく御想像をして頂けた分は何はともあれ不幸中の幸いですね。
足元はきっと長靴に履き替え済みと私もまた考察致します^^

年始から不束な私だというのに、猫乃さんお優しいです……。
誰かが喜んでくださるのなら、私はどんなに鈍くとも動き続けていようと思います。
何時も勇気付けて頂き本当にありがとうございます。

猫乃さんのお戻り、切にお待ち致しております。
はい、また是非何でもお話させてください。


――――

▼ 汀雲 様

汀雲さんこんにちは。

年始の御挨拶、随分遅れてしまいました。
私もかなり迷いましたが、
ここは今年もどうぞ宜しくお付き合いくださいという事で、
何卒御寛恕頂ければと思います;
大変失礼致しました。

雀を描くのが徐々に趣味と化して参りまして。
常の通りこれきりで随分時間も掛けておりますので、
丁寧と言って頂けてとてもありがたく、報われております。

CAT BELLさん、個人制作スタジオとは思えぬお仕事ぶりで
皆さんにもこの驚きを是非味わって頂ければと思いました。

行き届いた製本、装丁で本当に素晴らしいのです。
手に取られたら、きっとどなたもわーとなってしまうはずです。

次回もご期待くださいますのなら、またきっと力を込めて頑張って参りますので。
何かしら投稿した際には是非ぜひご覧くださいますと私も光栄です。


――――

▼ おうち穂里 様

こんにちは。おうちさん。

御挨拶御返事遅くなり大変失礼致しました。

恐ろしいです、仕事にかまけていると趣味が疎かになります。
人生は物見遊山だというのに不味い、不味いのです。
ええ勿論。本年もどうぞお好きなように構ってやってくださいませ。

背景を黒で潰すと凄く安心感があるなと実感しているのですが、
おうちさんは黒塗りお好きですか?
明るいものがぼんやり浮かび上がるのでもっと上手に使えるようになると良いのですが、
未だ光源のことを薄らとしか考えていないので随分物足りない表現だなぁと自分では思っております。
好いてくださっているこの個性は消してしまわないようにこれからもじわじわと励んで参りますね。

雀。
むにっと柔らかそうな雀を目指して描いておりました。
そうおっしゃって頂けますと、とても照れますが幸せです。

都市部にお住まいでなければ凄く煩わしいのではと?存じますが、
一愛雀家としてはその御連想もほのぼのと嬉しく思いますよ。
他人の屋を破る、作った稲は食う、集まるとやかましいと
あまり良いことは無いのですが、どうぞ温かい目で見守ってやってください←

それにしてもおうちさん、唐突にもの凄い殺し文句を投げてくださるので、
私は危うく何処かへ召されそうになってしまいました。
急所を射られた傷がなおも痛みますが、どうにか立ち上がって活動再開致します。
御期待に添えるよう善処致しますね。


――――

▼ 藤藤キハチ 様

ハチさんこんにちは。
おいでくださってありがとうございます。

いいえ、こちらこそ御挨拶の機会を逃してしまって大変申し訳ありませんでした。
本年もどうぞ相変わらずにお付き合いください。

美味しそうです?
食べられるために生まれてきたといっても過言では無いので、
よろしければどうぞひと思いに←

とんぼ返り出来ない筈はありません。
もこもこは羽毛、空気のもこもこですから、
本体はきっと筋肉質でしゅっとしているはずです。
失礼とは一体どちらに向けての御配慮、無問題です(笑

ご存知だったのですね。雀、実はここ数十年で人知れず激減しているのです。
昔はかやぶき屋根わらぶき屋根の間を突いて巣を作ったものですが、
今の人間の住宅はまるで余裕、隙が無くなってしまいましたので何かと不便なのです……←
日本の朝に烏と雀の鳴き比べが無くなったらどんなに悲しいかしれないですよ。
ええ、何はせずとも愛して参りましょう。

製本御祝い、御観覧恐れ入ります。
らしさが伝わっただけで十分上出来と思います、ご感想真にありがたい限りです(照
貰い逃げだなんて、罪なハチさんですね。
猫乃さん渾身のおまけもこちらからではお察ししかねますから、
お気の向いた際にはどうぞチラとでもお見せくださいませ。

早村さん猫乃さんyuuさん、豪華な顔ぶれで、どんな鼎談をなさったのでしょう^^
先程yuuさんの素敵な記事があがっていましたが、
その場所には明るいお花が沢山咲き乱れていたこと、想像に難くありませんね。

胡散臭い笑みにすべきか否か一時手を止めて逡巡していたのですが
幸之介君なら冷静な表情でなくてはということで上の通りとなりました。
ふと笑いだしたらもう烏之様ですよね。
「怪しい」も褒め言葉のうちと、勝手ながら美味しく頂戴致しましたよ←
ハチさんには気前よく御馳走をくださって真にありがとうございました。

ハチさんのその目標、達成されるよう私も必ず自分の調子を貫いて参ります。
楽しみにしてくださっているというその御言葉を力の源にひたすら前進あるのみです。
投稿者:  [ 2016-01-24 14:40:19 ]


遅くなりましたが今年もどうぞよろしくお願いいたします。

雀、太ももがおいしそうです。ぷりっ。
空中一回転しているような雰囲気が可愛らしいです。
実際に一回転できるんでしょうかね?
あんなにずんぐりむっくりもふもふしているのに(失礼
数が減っているという話を耳にしてから
あまり見かけなくなりました; 寂しい…

製本お祝いもらしさがとても出ていて素敵。
怪しい組み合わせの義姉義弟(笑)
いや関係は間違っていないんですよね。
一体何が怪しさを増長させているのか。
烏之さまの微笑み…??
私も鈴さんからとっても可愛らしいおまけが届きました(*´エ`*)むふふ
今のところ貰い逃げみたいな感じです(食い逃げ??

鈴さんはyuuさんにお会いしたとのことで
お三方の喜ぶ顔が目に浮かびますね!いいな!
きゃっきゃうふふ~。

幸之助くんもそのうち世渡りのために
胡散臭い微笑みという必殺技を取得してくれるハズです。
思春期で性格が変わるというのはよく聞く話です(聞かないよ)
闇に溶け込むような、それでいてぼんやり浮いて見える幸之助くん
怪しい…!!←

昨年よりは顔を出すという目標を立てましたので
今年も品さんの素敵な創作を拝見できるのを楽しみにしております♡
投稿者:藤藤キハチ  [ 2016-01-18 10:46:03 ]


こんばんは!
本年も旧年に引き続きそそくさとお邪魔しに来てしまいました。
気が付くともう1月も半分終わってますね。 は、はやい……。
本年も何卒よしなにお付き合い下されば幸いです。

新年1枚目がシックな黒のイラストで、きりりと気が引き締まりました。
黒、とても綺麗です。 
幸之介君の髪色と、烏の黒と背景の闇(?)が対比しつつも融和している印象で、この味わいって品さんならではだわー、と、うっとりと見惚れました♡

あと雀。 
ころころふっくらしていて、手のひらの上にのせてみたい!と思いました。とっても可愛いです!
最近、雀見るとついつい品さんを思い出してしまうのです。

本年、品さんがどのような絵を描かれるのか、一追っかけとして、のんびり楽しみに待たせて頂きます♡

はまりますよね、あの世界。言葉がとても美しくて麻薬的で。
投稿者:おうち 穂里  [ 2016-01-17 23:24:09 ]


 こんばんは。
(年始のご挨拶が今更の時期で迷ってます……)

 春を運んできたような雀さんですね^^
 相変わらず丁寧な作品で目の保養です。

 CATBELLさんのお仕事は完成度高いですよねー
 もちろん製本の方も。

 次回作の構想がすでにあるとのこと、楽しみにしてます^^
投稿者:汀雲  [ 2016-01-17 22:49:59 ]


こんばんは!
スタジオCAT BELLの猫乃鈴です(笑)

こちらこそ、お買い上げ有難うございました!!
しかも、御礼に青ちゃんとでこぱちの絵までいただけて嬉しいです(≧∇≦)
実はつい先ほど、友さんとでこぱちの声をやってくださった
yuuさんとお会いしておりまして、
品さんがまた絵を描いてくれてたよ~とお話していました(´∀`*)
皆さんがこうやって、この子たちの絵を描いてくれたり、
一緒に遊んでくれたりしたおかげで、とうとう本という形になりました……。
すごいことだなぁと、巻末のキャラと参加者さんの一覧を見て、改めて思います。
本当に有難うございます。

初回購入特典、無事に届いていて良かったです(>-<)
びっくりさせたくて、皆さんに内緒で送りつけさせていただいたので、
もしかしたら届いてない方もいたりするかも?とも思っていました。
こうしてブログに上げてくださって嬉しいです☆
品さんに、こういったグッズはいかがなものかとも思いましたが、
お邪魔になるような大きなものでもないし、
おひい様が自分では結構うまく再現できた!と思い、
お送りさせていただいちゃいました(汗
本当なら月白様とのペアが正式のはずですが、なぜか義姉義弟セットで(笑)怪しさ満点ですね(;´▽`A``
品さんがこれまで描いてくださった烏之介は、私の宝物です。

そして、お手紙という名のおねだりを読んでくださって有難うございます。
こんなに素敵な幸之介が描いてもらえるなんて(≧∇≦)!!!!
お手紙、書いて良かった(笑)
少し、成長した少年期の幸之介な気がします。
幸之介から烏之介へと移行するちょうど間という感じでしょうか。
まだ胡散くさい笑顔は見られませんが、足元はもしかすると、
すでにブーツを装備しているかもしれませんね(笑)

今年も端から品さんの絵がこんなに見られて、
とってもいい一年になりそうです。
私も今年はネット上に戻ってこられるように頑張ろうと思っていますので、
また品さんとも創作話をできたらいいです。
ではまた、品さんの創作を拝見できる日をお待ちしています(*^-^*)
投稿者:猫乃 鈴  [ 2016-01-17 22:45:48 ]